NEWS

BIO

TOUR

MUSIC

VIDEOS

LYRICS

STORE

BIO

CUTT is a Japanese singer-songwriter and multi instrumentalist, self-contained artist who controls every process in making records. CUTT’s music is varied from acoustic, folky stile to electronic dance and powerful band sounds, but the theme of lyrics is consistent. He sings about searching ways to survive gracefully the fleeting, transient world ruled by time.

 

He released 2 full-length albums “Not So Far From Anywhere” and ”The Crack Of Hope” so far. New album “True Colors” will be released in April 2015.

 

CUTT also has other projects, his first band “SHAME”, the twin-vocal unit “ORCA”, electronic project “SKYFISH”, band renamed from SHAME “EVERYTHING MUST PASS”.  Some of the songs written for these projects are self-covered and can be listened in albums "CUTT acoustic best” series.

 

hide(X JAPAN)に見出され、1999年にバンド「shame」のボーカル・ギターとしてデビュー。独特の声と世界観を持った歌詞、ポップな音楽性で人気を博した。その後も「ORCA」等様々な活動を経て、2011年よりソロアーティスト「CUTT」として活動を開始。動画配信や、精力的なライブで確実に着実にファンベースを築き、これまでに多数の作品を発表。2015年4月には最新アルバム「True Colors」をリリースした。

 

自身は作詞曲/ボーカル/ギター/ピアノ/プログラミング/レコーディング/ミックスなどを手がけるマルチクリエイター。マルチぶりが過ぎて2012年にはタレントのいとうあさこさん所属劇団「山田ジャパン」本公演「盗聴少年(赤坂レッドシアター)」主演にて役者デビューも果たす。少年の純粋さと暗い部分を滲ませた体当たりの演技が好評を博した。

 

近年は様々なアーティストとのコラボレーションを精力的に行い、2015年にはToshl(X JAPAN)のサポートバンドメンバーに抜擢され、23年ぶりの共演(高校生の頃Toshlさんのオールナイトニッポンに「低姿勢前田」という異名で度々登場していた)を果たす。

 

2015年よりhideのサウンドプロデューサーINA氏が主宰する「電脳音楽塾(世田谷ものづくり学校内)」で講師を担当。音楽以外にも幅広い知識を持ち、特に英語は堪能で英検1級を取得している。

 

現在はまっているものはワイン、素粒子物理学など。

 

 

Back

Follow CUTT

CUTT official website / 2015 SOUNDSCAPE, LLC